奈良のリフォーム・増築専門店住まいる工房iのイベント情報

MENU
  • トップページ
  • 実例集
  • 工事の流れ
  • 店舗情報
  • お問い合わせ

お知らせ・イベント情報

住まいる工房i 各店からのお知らせや、最新リフォーム情報を発信中!

HOME > お知らせ・イベント情報

お家の屋根点検してますか?

おすすめリフォーム

 

 


おすすめリフォーム:屋根のリフォーム編


 


普段あまり意識して見ないおうちの屋根、古くなっていませんか?


雨漏りになってからでは、柱が傷んでしまって屋根の修理だけでは済まない場合があります。


お家の柱等が駄目になる前に屋根を修理・リフォームすることをおすすめします。 


屋根のリフォームの代表的なものは3つあります。 


    塗装工事 


    カバー工法 


    葺き替え


 今回は屋根瓦・スレート自体を新たに設置する「②カバー工法」・「③葺き替え」についてご紹介します。 


●カバー工法●

   スレート・金属屋根・アスファルトの現在の屋根をそのまま残し、新しく屋根材を上から葺く工法です。屋根の痛みがひどく塗装では無理な場合に適しています。

屋根の解体が不要になり、廃材処理費がかからないため、葺き替えに比べ工事費を抑えることが出来ます。 

 

カバー工法におすすめのは、ケイミュー株式会社のルーガです色あせしにくく、軽量化されており、断熱性もあります。 

スレートでは、アイジー工業のガルテクトは金属板で色あせしにくく、遮音性・防火性にも優れ、軽量化されています。

 

 

 

●葺き替え● 

   現在の屋根を取り外し、新しい屋根材を取り付ける方法です。 屋根の改修工事が必要な場合や屋根の軽量化をする場合に適しています。塗装やカバー工法では十分な改修が出来ない場合や瓦屋根の場合は葺き替え工事になります。また耐震対策の為、瓦屋根から軽い屋根材に葺き替えるケースも増えています。

 


   葺き替えで、おすすめのスレートはケイミューのカラーベストシリーズのコロニアルクァッド・グラッサです。それぞれ軽く、優れた防火機能があます。さらにグラッサはデザインも豊富で、クアッドよりは見た目が長持ちします。

瓦では、新東株式会社のセラムFは断熱性・耐水性・防水性・防音性に優れていておすすめです。

 

まとめ


屋根の寿命はスレートと瓦でそれぞれ±10年程度の差がありますが、築40年以上の場合は一度点検をおすすめします。またリフォーム方法に関しては「カバー工法」は取替コストが少なく済みますが、耐震のことを考えると「葺き替え」がおすすめです。

屋根のリフォームの相談がございましたら、すまいる工房iまでお気軽にご相談ください。


 


参考資料


ケイミュー株式会社ウェブサイト:http://www.kmew.co.jp/


アイジー工業ウェブサイト:https://www.igkogyo.co.jp/syohin/roof/


新東株式会社:http://www.shintokawara.co.jp/product.php


 


 


住まいる工房i メールでのお問い合わせ