奈良のリフォーム・増築専門店住まいる工房iのイベント情報

MENU
  • トップページ
  • 実例集
  • 工事の流れ
  • 店舗情報
  • お問い合わせ

お知らせ・イベント情報

住まいる工房i 各店からのお知らせや、最新リフォーム情報を発信中!

HOME > お知らせ・イベント情報

そろそろ雨漏りが心配ですね。~おすすめリフォーム屋根編②~

おすすめリフォーム

 

そろそろ雨漏りが心配ですね。~屋根修繕の目安~

 

 

屋根修繕の目安 

梅雨入りし、もうすぐすると台風なども心配ですよね。そんな雨風激しいこの季節、ご自宅の屋根を一度チェックしてみてはいかがでしょうか。 

「屋根の葺き替えや修理は雨漏りしてからでも…」と、思っている方も多いかと思います。雨漏りが起こり柱や梁にダメージが出てしまうと、家の寿命を縮めることになるので雨漏りしてからでは遅いのです! 

そうなる前に、屋根を新しくし雨風から守る機能を新しくする必要があります。普段あまり意識していない屋根を、この機会に是非一度じっくりチェックしてみてください。

 

屋根修理のサイン

 

下記の状態になると修理時期の目安となります。

図:老朽化した屋根の写真(自社資料) 

 

  1. スレートに苔・色褪せ 

  2. スレートに苔が生えていたり、色褪せしたりすると、家の屋根の美観が損なわれます。屋根の塗装をするとより美しく利用できます。 

 

  1. スレートの割れ 

スレートが割れていると中に雨水がしみ、雨漏りの原因になります。 

 

  1. 雨樋のズレ・破損 

雨樋のズレ・破損があると、本来雨水が適切な場所に流れませんので、下の土が削れたりする可能性があります。 

 

  1. 瓦の割れ・ズレ 

瓦もスレートと同じく割れていると中に雨水がしみ、雨漏りする要因になります。 

 

  1. 棟のズレ・傾き

昔ながらの家ですと瓦の下に檜皮などが敷かれていますで、棟がズレるとその下に水が滲みて、雨漏りする可能性があります。 

 

  1. しっくい(土)のはがれ

瓦と瓦の間に土を入れその漆喰が剥がれると、土が漏れてきます。美観が損なわれるので、気になる方は修理をおすすめします。

 

屋根や外壁のリフレッシュ工事は、家の外観を美しくするだけではありません。建物を雨風から守る機能が復活する事により、家の寿命を延ばすことにもつながります。雨桶の点検・補修も忘れがちですが、雨が降ったときなどに一度チェックすることをおすすめします。 

 

まとめ 

最近では、耐震性の高めるために瓦でも軽い屋根材がございますので、リフォームの際耐震について考えるのもいいかと思います。家を長持ちさせるには屋根の定期的なメンテナンスが必要になります。上記に心当たりのある方や、屋根が気になる方はすまいる工房iに是非一度ご相談ください。

 

住まいる工房i メールでのお問い合わせ